[kotlin] Androidアプリで、簡単に確認ダイアログを出す方法

Androidで確認ダイアログを出す方法をメモ。データを削除する際によく出すやつです。改めて使っているとちゃんと確認ダイアログは出した方がいいな。。。と思いまして実装していきます。環境はAndroid Studio + Kotlin 。

はじめに

処理する前に確認ダイアログで念押ししたい場合があります。

削除ボタン押した後に、ほんとに消します?とかですね。

今回は、削除ボタンを押すと即レコード削除される ⇒ 間違って押しちゃうこともあるのでダイアログ挟む、ってのを実現します。

手順

ダイアログの表示文言

strings.xmlにダイアログに表示する文言を設定していきます。
strings.xml
<string name="dialog_title">確認</string>
<string name="dialog_ok">OK</string>
<string name="dialog_cancel">Cancel</string>
<string name="dialog_del_message">本当に削除しますか?</string>

上記設定だと、ダイアログは以下のようになります。

ライブラリをimportする

処理を追加するソースでimportしてください。

import androidx.appcompat.app.AlertDialog

ダイアログを表示する

ダイアログを入れたい処理に以下構文に組み込みます。

例えば、データを削除する際などであれば、削除ボタンのリスナーにこのコードを記載してもらえれば大丈夫です。

AlertDialog.Builder(this)
    .setTitle(R.string.dialog_title)
    .setMessage(R.string.dialog_del_message)
    .setPositiveButton(R.string.dialog_ok) { dialog, which ->
        // OK の時は削除処理
        // ここにデータ削除処理を入れる
        }
    }
    // Cancelの時は何もしない
    .setNegativeButton(R.string.dialog_cancel) { dialog, which ->

    }
    .show()

これでダイアログが表示されます。

確認ダイアログでました!

strings.xmlの設定を変えればダイアログ表示も変わります。


XP-Pen ペンタブ Decoシリーズ 10×6.25インチ

関連コンテンツ