[ながら学習に最適] オーディオブック 使ってみたメリットなどまとめ

モバイルテクノロジーの進化と共に、新しい読書体験が広がりつつあります。その代表的な形態の一つが、「オーディオブック」です。

特に英語圏や西欧諸国では、オーディオブックが急速に普及し、多くの人々に支持されています。スマートフォンやタブレットが手放せない現代人にとって、通勤中や運動中、家事をしながらでも本を楽しむことができる便利な形式となっています。

本稿では、オーディオブックが世界中で愛される理由やその魅力に焦点を当て、忙しい現代生活に合った新しい読書体験を提供する要素に迫ります。豊富なコンテンツ、有名な朗読者の参加、アクセシビリティの向上など、オーディオブックの普及に寄与する様々な要因を探りつつ、その世界を耳で探索してみましょう。

多忙な日常におけるオーディオブックの役割とそのメリット

Inputはながら聞き

多忙なスケジュールに対応。何よりも、他の活動をしながら本を楽しめる事が最大のメリットです。紙の本や電子書籍よりも柔軟性があり、生活スタイルに合わせて利用できます。

  • 家事の最中
  • 通勤のドライブ中
  • 通勤中やジョギング中

視覚障害者や留学生へのアクセシビリティ

視覚障害のある人や留学生など、言語や文字に不慣れな人にとっては、オーディオブックが非常にアクセスしやすい形式です。

朗読者の演技

オーディオブックでは、有名な俳優やプロの朗読者が本を朗読することがあります。これにより、物語や情報が生き生きとし、感情豊かに伝わります。

言語の学習

新しい言語を学ぶ際に、その言語でのオーディオブックを聴くことでリスニングスキルが向上し、自然な発音やフレーズを学び取ることができます。

集中力の向上

オーディオブックを聴くことで、集中力を養うことができます。物理的に本を読むよりも、聴覚に焦点を当てることができます。

複数の形式での提供

オーディオブックは通常、MP3やAACなどの形式で提供され、さまざまなデバイスで利用できます。また、オンラインストリーミングサービスを通じても利用可能です。

手軽な入手

オーディオブックはオンラインで簡単に入手でき、すぐにダウンロードして利用することができます。特に長いシリーズや大部の本も、重たい本を持ち歩く必要なく手軽に楽しめます。

デメリット

進み方の難しさ

紙の本や電子書籍と比較して、オーディオブックでは進み方が少し難しい場合があります。テキストの特定の部分を引用することが難しく、進む速さや一時停止が簡単に制御できない場合もあります。

注視とリーディングの不足

視覚的な情報が少ないため、オーディオブックでは文字や図に頼ることが難しく、視覚的な要素の理解や覚え辛さが生じることがあります。

適切な朗読者の選択

朗読者の声やスタイルが合わない場合、聴取体験が悪くなる可能性があります。朗読者の選択が重要であり、個人の好みに合ったものを見つける必要があります。

コンセントレーションの難しさ

他の作業をしながらオーディオブックを聴くことができる反面、集中して聴く必要がある場合、周囲の騒音や気が散りやすい環境では挑戦的かもしれません。

制約されたフォーマット

オーディオブックはテキストの書籍に比べて選択肢が制限されていることがあります。一部の本はオーディオブックとして提供されていない場合もあります。

価格

オーディオブックは通常、書籍や電子書籍よりも高価な場合があります。定額制のサービスもある一方で、個別に購入する際には価格がかかることがあります。

おすすめのオーディオブック

デメリットの箇所で記載しましたが、個別購入だと高くつく傾向があります。そのためオーディオブックによる多読には向かないでしょう。ここでは、定額制サービスが有るものを2つ紹介したいと思います。2〜3本毎月読めば、実際の本を買うより十分価格メリットを感じられると思います。

Audible

Audible(オーディブル)は、Amazonが所有するオーディオブックおよびオーディオエンターテインメントプラットフォームです。
30日感の無料体験があります。その後は、月額1,500円

Audibleページへ

audiobook.jp

会員数250万人以上のオーディオブック大手。作品数は15,000冊以上と膨大な量があり、聞きたい物がきっと見つかるでしょう。14日間無料体験や、聴き放題プランが、300円→1000円となるキャンペーンも実施されておりお得に始める事ができるのでぜひチェックしてみてください。


比較表

比較に使えそうな情報をまとめておきました。

個人的には、audiobook.jpの日本語作品の豊富さが魅力的だと思います。また、Audibleの英語コンテンツの多さは、言語学習者にとって大きな利点です。

特徴Audibleaudiobook.jp
提供言語主に英語。他の言語も一部提供。日本語のタイトルが中心。一部英語のタイトルもあり。
会員費月額1,500円(30日間の無料体験あり)。14日間の無料体験可能。会員数250万人以上。
カタログのサイズ豊富な英語のタイトルとオリジナルコンテンツ。15,000冊以上の日本語タイトルを提供。
対応デバイスiOS、Android、Kindleデバイスなど多様なデバイス対応。iOS、Android、パソコンで利用可能。
オリジナルコンテンツ「Audible Originals」と呼ばれる独自のコンテンツがあり。独自のオリジナルコンテンツを提供。
オフライン再生ダウンロードしてオフラインで聴くことが可能。ダウンロードしてオフラインで聴くことが可能。
朗読者の質有名な朗読者や俳優が多く参加し、高品質な朗読。日本の有名な声優や俳優が朗読を担当。
サポート機能ブックマーク、アノテーション、速度調整などの機能。ブックマーク、再生速度調整、スキップ機能など。