[Mac] デスクトップクリックでデスクトップを表示する機能を解除する

最新のMacOSは、多くの新機能と改善点をもたらしましたが、その中には時には不便をもたらすこともあります。

その中でも、デスクトップ上でのウィンドウ非表示機能は、使い勝手に影響を及ぼすことがあります。この記事では、MacOSのデスクトップクリックでウィンドウを非表示にする機能を無効化する方法について解説します。

無効化したい機能

MacOSの最新バージョンでは、デスクトップ上でクリックすると、すべてのウィンドウが一時的に非表示になる新機能が導入されました。

これは、一部のユーザーには便利かもしれませんが、作業中にうっかりクリックしてしまうことがあるため、不便に感じる人もいます。

この記事では、この機能を無効化する方法について説明します。ウィンドウを非表示にするこの機能が不要な場合、無効化することで作業効率を向上させることができます。

設定箇所

この新しい機能を無効化する方法は非常に簡単です。以下のステップに従ってください。

  1. システム設定を開きます。
  2. デスクトップとDockをクリックします。
  3. 壁紙をクリックしてデスクトップを表示オプションを探し、ステージマネージャ使用時のみを選択します。

これで、デスクトップ上でクリックしてもウィンドウが非表示になることはありません。ウィンドウを操作する必要がある場合、いつでもアクセスできるようになります。不要な機能を無効化することで、Macの使い勝手を向上させましょう。