Windows10 PDC_WATCHDOG_TIMEOUTエラー

会社のWindows10がブルースクリーンでよく止まる。。。

まずはウイルス対策ソフトを疑ってみよう。結構ウイルスソフトが悪さするケースがあります。

エラー[PDC_WATCHDOG_TIMEOUT]

Windows10が突然ブルースクリーンで止まる。

停止コードはPDC_WATCHDOG_TIMEOUT
PDC_WATCHDOG_TIMEOUT

前触れなく発生して強制的に再起動されるため、編集中のファイルはパー。

業務影響は結構なものですよね。

原因と対応方法

私のPCの場合ですが、原因は

ウイルスバスターコーポレートエディションのバージョンが古い

せいでした。

Windows10のバージョンが1709以降で発生する。1703以前だと発生しない。
バージョンはスタート設定システムバージョン情報で確認できる。
これは2017年10月のwindows10大型アップデート(バージョン1709)とウイルスバスターコーポレートエディションの相性が悪いため発生したようだ。

根本的な対策は

ウイルスバスターコーポレートエディションのバージョンアップ

バージョン11の場合は最新パッチを適用する。
最新バージョンであるXGであれば問題は発生しないようだ。

もし会社のPCで発生しているのであれば、ユーザー側では対応できないと思うので会社のシステム管理者に相談しましょう。
(このページを見せてもいいかもしれない)

類似エラー[DPC_WATCHDOG_VIOLATION]

類似エラーにDPC_WATCHDOG_VIOLATIONがある(PCDではなくDPCであることに注意)。
こちらもブルースクリーンが発生する厄介なエラーだが、高速スタートアップの無効化でほぼ防ぐことがでます。

対処方法

やり方は

コントロールパネル(開き方はこちらを参照)

電源オプション 電源ボタンの動作の選択 現在利用可能ではない設定を変更します

高速スタートアップを有効にするのチェックを外す。その後PCを再起動すればOKだ。

高速スタートアップの無効化


Amazon Echo Dot (Newモデル)

関連コンテンツ