VisualStudio2019とGitHubで開発しよう!

VisualStudioとGitHubを連携~Pull Requestまでの一連の流れと操作方法を解説します。

はじめに

この記事は、Visual Studio 2019をGitHubに連携させて使う方法を解説しています。

GitHubのアカウントが必要になるので、事前にアカウント作成しておいてください。

VisualStudioとGithubを連携する

GitHub連携プラグインをインストール

VisualStudio2019でツール ツールと機能を取得 をクリック

個別のコンポーネントタブを選択、Visual Studio向けGitHub拡張にチェックして変更ボタンをクリック

検索窓でgitと入力すれば一発で出てくると思います。

GitHubに接続する

チームエクスプローラーの接続の管理Connect to GitHubをクリック

ブラウザーでサインインしますをクリック

Authorize githubをクリック

GitHubアカウントのパスワードを入力してConfirm passwordをクリック

開発の流れ

  1. まずは、開発するプロジェクトをローカルに作成します。
    ローカルで一から作成しているのであれば、いいですが、
    GitHubからプロジェクトを持ってくる際は、Cloneしてプロジェクトを持ってきてください。
  2. 実際修正を加える前にBranchを作成して、そっちに修正を入れましょう。
  3. 修正したら、Commitしましょう。こまめにやっておくのがよいですかね。
  4. 修正が完了したら、Pushしましょう。GitHubにUpするってことです。
  5. Pull Requestして、Masterに取り込んでもらいましょう。
  6. あとは、本番にDeployするなりしてください。

Clone ~ Push まで

Clone

プロジェクトがすでにローカルにある場合は、Clone不要です。

プロジェクトが無い場合で、GitHubから丸々持ってくる場合は、このCloneを実行してください。

VisualStudioではClone=複製と表記されています。

GitHubにアクセスし、CloneするリポジトリのURLをコピーします。

VisualStudio2019側で、チームエクスプローラー接続GitHub複製をクリック

GitHubでコピーしたリポジトリURLを貼り付けて複製をクリック

Branchを作成

Masterに直修正するのではなく、Branchを作ってそっちに修正を入れておきましょう。Branchで修正が一通り終わったら、Masterに反映させます。

右下のmaster新しいブランチをクリック

ブランチ名を入力して、ブランチの作成をクリック

右下の表示が先ほど入力したブランチ名になります。

Commit

修正が終わったら、一旦Commitしましょう。

VisualStudio2019ではCommit=変更と表記されます。

チームエクスプローラー変更

変更した内容を記入して、すべてをコミットをクリック

以下のようなメッセージが表示されれば成功です。

Push

先ほど変更した内容をGitHubに反映させます。

チームエクスプローラー同期をクリック

プッシュをクリック

以下のようなメッセージが表示されれば成功です。

Pull Request

変更した内容をmasterに反映してもらいます。

変更内容のレビューを依頼→問題なければ変更内容をMasterに反映、が一連の流れです。

VisualStudio側とGitHub側でそれぞれ作業が発生します。

VisualStudio2019側の作業

ソースをPushしたので、レビューしてMasterに反映(Pull)してください~ってことですね。

チームエクスプローラーPull Requestをクリック

新規作成をクリック

メッセージを適当に記入して、pull requestの作成をクリック

これで、VisualStudio側の作業は完了です。

GitHub側の作業

Pull Requestを受けた人が、ソースの内容をチェックして、問題なければMasterに反映します。

GitHub側のPull requestsタブを見ると、先ほどのリクエストが来ていることがわかります。

変更内容をレビューしましょう。

Files changedタブをクリック。

レビューして問題なければViewedにチェック。

 

Merge pull requestをクリック

Confirm mergeをクリック

成功しました。

ブランチは不要なので削除します。

Delete branchをクリック

成功しました。

以上で一連の作業は終了です。お疲れ様でした!

 


ロジクール ワイヤレスマウス

関連コンテンツ

おせち、キャンペーンやってるし買ってみるかな