【Windows11】WMI Provider Host のCPU使用率が高いので対応してみる

たまにタスクマネージャを開くと謎のプロセスがリソースを食っちゃってる事ってありますよね?今回はそのパターンの一つです。

WMI Provider Host のCPU使用率が高い場合の対処についてです。

WMI Provider Host のCPU使用率が常に高い

Windows11のPCが重い…常にファンが回りっぱなし。特に何も処理してないのですが…

タスクマネージャーを見たところ、WMI Provider Host が常時CPU使用率が高い状態です(20%~)
それにつられてか、全体の使用率も高止まりしています。

WMI Provider Hostって何?

WMI Provider Host(Windows Management Instrumentation Provider Host、wmiprvse.exe)はWindowsの重要なコンポーネントで、システム管理と運用のための情報を提供します。WMIは、ハードウェア、オペレーティングシステム、およびネットワークデバイスの状態や構成データを管理者やスクリプトに提供するための一連の規格とAPIです。

WMI Provider Hostは、このWMIデータにアクセスするためのプロセスとして機能し、システムの監視や他のソフトウェアによる情報取得など、様々な管理タスクを可能にします。例えば、システムのパフォーマンスを監視するソフトウェアがWMIを通じてプロセッサの使用率やメモリの状況を確認する場合、WMI Provider Hostがその情報の取得を助けます。

対処方法

WMI Provider Hostを再起動します。

スタート → ファイル名を指定して実行 をクリック

Services.msc と入力してOKをクリック

Windows Management Instrumentation」を選択して、サービスの再起動をクリックします。

警告が出ても構わず「はい」をクリック

筆者の環境だとCPU使用率はこれで一旦落ち着きました。
ただ、しばらくするとまたWMI Provider HostのCPU使用率が上がって重くなることがあります…
そんな時はめげずにもういちど再起動します。

著:酒井 潤
¥2,803 (2024/05/08 18:10時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場