Cloud9からGUIでGit操作

Cloud9でGit操作します。Guiででできて簡単・便利!

Cloud9からのGit操作を一通り解説します。

もちろんコマンドで実行することも可能ですが、今回はCloud9で用意されているGUIから操作する方法を解説します。

Cloud9のコード管理については、下記の記事も参考にしてください。

[AWS] Cloud9のプロジェクトをCodeCommitで管理

[AWS] CodeCommitからCloud9(EC2)にClone

Pull

PullでCodeCommitから最新バージョンをもってきます。

Gitアイコンプロジェクト名横のアイコンPull

ブランチを作る

プログラムを修正する前に、新しくブランチを作成しましょう。

左下のブランチ名をクリック

Create new branch… をクリック

ブランチ名を入力してenter

左下のブランチ名が新しいものになります。

作成したブランチでプログラムを修正していきます。

Commit

プログラムを修正したらCommitします。

変更したファイルは Gitアイコン Changes に一覧表示されます。

Commitしたいファイル横の + (stage)をクリックします。

Staged Changesに移動しました。これでコミット対象になりました。戻したいときは – (Unstage)をクリックします。

メッセージ欄にコメントを入力して Ctrl + enter。メッセージはなんでも良いです。変更内容などを書きましょう。

No changes detected と表示されれば成功。

プロジェクト名横のアイコンからもCommitできます。アイコン → Commit

メッセージを入力してenter

Push

CodeCommitに修正内容をPushします。

Gitアイコンプロジェクト名横のアイコンPush

 

Pull Request

CodeCommitからPull Requestを実行します

リポジトリ → Pull Requestするプロジェクトを選択プルリクエストの作成

ソースに対応したブランチ名を選択して比較をクリック

 

 

以上で終了です。

関連コンテンツ