ECSにdocker compose

AWS ECSに対して、docker composeしてみます。

準備

AWSのアクセスキー・シークレットキー

AWSのIAMに入って、対象のユーザの詳細画面に

認証情報タブを表示して

アクセスキーの作成ボタンをクリックして、

アクセスキーシークレットキーをコピーしておいてください。後で使います。

手順

contextの作成

まず、ターミナルで docker-compose.yml ファイルが有る場所に移動して、

docker context create ecs mycontext

とコマンド。

ちなみに、mycontext 部分はお好みで。

すると、、

% docker context create ecs mycontext

? Create a Docker context using:  [Use arrows to move, type to filter]

> AWS secret and token credentials

  AWS environment variables

キーボードの↑↓でカーソル移動できます。

今回は、AWS secret and token credentials の方を選択してEnter

Retrieve or create AWS Access Key and Secret on https://console.aws.amazon.com/iam/home?#security_credential
? AWS Access Key ID

作成しておいた、Access Key とSecret Keyを貼り付けてEnter

? AWS Access Key ID ****************
? Enter AWS Secret Access Key ****************************************

お次は、対象リージョンを選択します。
ここでは、ap-northeast-1 を選択してEnter

? Region [Use arrows to move, type to filter]
> eu-north-1
ap-south-1
eu-west-3
eu-west-2
eu-west-1
ap-northeast-2
ap-northeast-1

無事Contextができました。

Successfully created ecs context "mycontext"

lsコマンドでも確認できます。

docker context ls

docker compose

docker composeする前に、contextを変更する必要があります。

今は、defaultのcontextが選択されている状態なので、

docker context use mycontext

そして、docker composeします。

docker compose up

関連コンテンツ

おせち、キャンペーンやってるし買ってみるかな