Google Chromeのプロファイル選択機能を使ってOnとOffを切り替えよう

リモートワーク・在宅勤務等々で、プライベート・仕事をどちらも同じPCで作業することがあるかと思います。

そんな時、日々使うGoogle Chromeのプロファイル機能が有効です。

どんな利点がある?

リモートワークあるあるで、Zoomで画面共有している時なんかで、ウッカリChromeの検索バーにプライベートな行動丸わかりの検索履歴が出ちゃったり。。。見られちゃったら後の祭りです。

こういう困った!がプロファイル切り替えで防げますよ!

とくに以下2点の検索履歴がわかってしまう要素がプロファイルで別管理できるので、バレを防げます。

  • オートコンプリート
  • ブックマーク

 

設定方法

2つプロファイルがあると良い

プライベートプロファイル・ビジネスプロファイルで分ければ解決します。

それではプライベートとは別に、お仕事用のプロファイルを作ってみます、
ユーザーアイコン追加

アカウント無しで実行 をクリック

名前またはラベル~ のところにプロファイル名を入力。筆者は仕事と入れました。

テーマカラーを選択して、完了をクリック。
カラーはプライベートのと別にしておくのがおススメ、どちらのプロファイルを使ってるかすぐわかりますからね!

新しいプロファイルでChromeが開きます。

オートコンプリートを比べてみましょう。

検索バーに「t」と入力すると、

プライベートなプロファイルだと、普段使ってるアプリ「trello」が候補表示されました。

新しいプロファイルだと、「天気」が一番に表示されました。プライベートの検索履歴がでないので安心ですね。

 

ユーザーアイコンをクリックすると、先ほど登録した「仕事」プロファイルが追加されたのがわかります。
次からはクリックで素早くプロファイルを切替できます。

 

ゲストプロファイルも結構使える

複数プロファイル管理が面倒なら、ゲストプロファイルがお手軽で便利。

ユーザーアイコンゲスト で、プライベートのプロファイルから全く切り離した状態でChromeを使用できます。

ゲストモードでChromeが開きます。

オートコンプリートはこんな感じ。

ゲストモードで検索バーに「t」と入れるとtwitterが一番目に候補表示されました。プライベートな履歴が出ないので安心ですね。

 


TORRAS 卓上扇風機

 

関連コンテンツ