Githubのパスワード認証をToken認証に変更

GitHubのパスワード認証がよいよ終了。パスワード認証から、Token認証に切り替えます。

エラー画面

一度も通りにVS Codeで作業後、MasterをPullしてきて、、、と思っていたら、下記のエラー

前々からGitHubからメールが来ていた、パスワードでの認証がついに終わりましたよと。。。

GitHubでTokenを発行

GitHubにログインして、右上の自分のアイコンからSettings

そして、Developer settings

Personal access tokensで、Generate new tokenボタンをクリック

New personal access tokenのページが表示されるので、Noteに分かりやすい名前なりを入れておいて、その下のSelect scopesで権限を設定。repoにチェックを入れておけば、たいてい場合はそれで足りるかと。

そして、下部のGenerate tokenボタンをクリックして発行。

無事Tokenが発行されました。

モザイク部分の文字列をコピーしておいてください。

ローカルPCで、Tokenを設定

まず今のGitHubへの接続を確認してみます。

Terminalで、

$ git config --list

すると、GitHubの設定がたくさん表示されるかと思います。

remote.origin.urlのGitHubパスワードが記載されている部分を書き換えます。

....
remote.origin.url=https://GitHub User Name:GitHub password@github.com/****/****.git
....

変更するコマンドを実行します。
パスワードの箇所を、発行したTokenの文字列に置き換えて実行してください。

$ git remote.origin.url https://GitHub User Name:GitHub Token@github.com/****/****.git

Token更新の際も、この要領でTokenを新しいものに更新すればOKです。

関連コンテンツ