VS CodeのAWS ToolkitでLambdaしてみる

VS CodeのAWS Toolkit

なんだかんだ、あるな〜程度で放置していたのですが、使ってみるとかなり便利ですね。

ということで、Lambdaのサンプルを簡単につくれたので紹介します。

やること

Lambdaのサンプルを、

  • ローカルのVS Codeで、実行&デバッグ
  • AWS Lambdaにデプロイ

ここまでやっておけば、あとはプログラム組んで使っていけばOK〜のはず

環境の前提

  • AWS アカウント
  • VS Code → AWS Toolkitインストール → AWSに接続
  • Docker
  • S3にデプロイ先のバケットを作っておいてください。※AWS Toolkitから作るのが楽ちん♪

Lambdaサンプルアプリの作成

AWS ToolkitのLambdaの箇所で右クリック。

そして、Create Lambda SAM Applicationをクリック。 ちなみに、SAMってのは、Serverless Application Model

今回は、python3.6を選択

AWS SAM Hello World

Select a different folder… で、設置フォルダを選択。

次の画面は、イメージ撮るのを忘れたんですが、多分プロジェクト名だったような。

適当名前を入力→Enterで、準備完了です。

デバッグ

早速、作ったアプリケーションのデバッグをしてみましょう。

上記手順で、下のような階層ができていると思います。

ここの、app.pyがLambdaのMainプログラムソースだと思ってください。

app.pyを開いて、lambda_handlerというのが、Mainの関数に当たるやつですね。

そのすぐ上に。AWS: Add Debug Configuration というリンクが有ると思います。これをクリック。

Debugの設定ファイルのテンプレを選べと。今回は一番上の template.yaml:HelloWorldFunctionを選択。

そして、再度app.pyを開いて、すでにサンプルで実装されている下記部分の適当な場所にブレークポイントを。

今回の例だと、37行目にポチッと。

次の手順に進む前に、Docker Desktop起動しておいてくださいね。デバッグ実行に必要です。

VS Code左メニューから、デバッグを開くと、RUN AND DEBUGの箇所に先程テンプレートで作成したDebug設定ファイルが表示されるともいます。それを選択して、再生ボタンをクリック。

ブレークポイントに、来ました!

これで、開発も捗りそうです。

実行してみる

Terminalで、作成したアプリケーションのルートフォルダに移動します。template.yamlがあるフォルダですね。

そこで、ビルド

sam build

そして、実行

sam local invoke

これで、動くはずです。

AWS Lambdaにデプロイ

AWS ToolkitのLambdaのところで右クリック。

今度は、Deploy SAM Applicationをクリック。

デプロイしたい、template.yamlファイルを選択

作成しておいた、S3バケットを選択

Lambdaで表示させる名前を入力してEnter

これで、デプロイされます。

なんか、すごい簡単に一通り作成できました。

ぜひぜひやってみてください。

関連コンテンツ